カンカ・ニクジュヨウについて効果・効能や副作用などをまとめました

カンカ

タクラマカン砂漠の厳しい環境に生きるカンカは漢方薬の材料として注目させる植物です。

ニクジュヨウという漢方薬の代替品として利用されますが、有効成分の含有量は本家ニクジュヨウをしのぐとも言います。

カンカは中国から中央アジアの砂漠に生息するハマウツボ科の植物であり漢方薬や食品として利用されます。

正式名称はカンカニクジュヨウといいますが、カンカという名前で呼ばれることも多いです。

 

この植物には葉がないために自分で光合成を行って養分を作り出すことができません。

そのためタマリスクという別の植物の根に寄生しそこから栄養を奪い取って生きているようです。

ちなみに根っこもなく地中部は地下茎となっています。

黄色味がかった巨大なツクシのような姿をしており、地下茎は大きなサツマイモのような形です。

大変おかしな植物だと言えますが、それも漢方薬としての効能が大きいことと関係があるのかもしれません。

 

あまり多く収穫できないため希少価値が認められ砂漠のチョウセンニンジンと呼ばれることもあります。

薬効が注目されるカンカニクジュヨウですが、実はニクジュヨウという漢方薬の代替品として多く使用されるようになった経緯があります。

ニクジュヨウはホンオニクという植物の茎を乾燥して作った生薬です。

 

このホンオニクはカンカときわめて系統が近い植物であり、中国から中央アジアの砂漠に生息して他の植物に寄生するライフスタイルも共通しています。

カンカとホンオニクでは薬効にも違いはないとされ、有効成分の含有量はむしろ代替品のカンカの方が多いという研究データもあります。

現在ニクジュヨウの材料であるホンオニクは中国国家の保護植物となっており、この植物の採取が難しいことがカンカを代替品として利用する理由です。

カンカも希少であるとされますが、ホンオクニクよりはたくさん採れるということでしょう。

漢方薬としてのカンカ

カンカで漢方薬として使用するのは肉質の茎です。

ここにアクテオシドやエキナコシド、カンカノシドといった様々な有効成分を含み、これが抗酸化作用や免疫力増進、認知症防止や強壮作用など多くの役立つ効能を生み出します。

中国の新疆ウイグル自治区にあるホータン地区では百歳を超える住民の割合が非常に高く世界有数の長寿地域となっていますが、これは彼らがカンカを食べているからだという意見があります。

 

様々な薬効を持ち世界有数の長寿地域を生み出したとも言われるカンカ。

副作用もないといい漢方薬としてすぐれた効果が期待できそうです。

強壮作用や認知症予防を始め漢方薬のカンカには様々な効能があるとされます。

副作用もほとんどなく中国政府に栽培が推奨される優秀な生薬です。

カンカの効果・効能

カンカの効能として昔からよく知られているのが強壮作用です。

より具体的にいうとインポテンツに効果があると考えられています。

女性の場合には不妊に有効であるといわれています。

それと関係があるのかもしれませんが、更年期障害を軽減する効果もあると言われます。

 

さらに腰や膝の冷えや便秘を改善する働きもあると考えられています。

カンカの正式名所はカンカニクジュヨウといい、ニクジュヨウという漢方薬の代替品として使われてきました。

本家生薬であるニクジュヨウではこの強壮作用が強調されることも多いようです。

薬効に違いがないとされるカンカにも十分な効果が期待できるでしょう。

カンカに認知症予防効果がある?

近年注目を集めているのがカンカの認知症予防効果です。

実際に中国で人間を対象とする臨床試験が実施され、認知症予防に対する効果が認められました。

認知症の原因であるアルツハイマー病はアミロイドβという物質が脳細胞にダメージを与えることで発症するという説があり、カンカの有効成分はこのダメージから細胞を保護するという研究結果が存在します。

 

そのことからカンカは中国ではアルツハイマー病の治療に用いる医薬品としてあつかわれます。

さらにラットを用いた実験ではカンカに含まれる物質がラットの記憶力を高めることも示されており、認知症を防止するのみならず記憶力の増進も期待できます。

 

カンカにはまだまだたくさんの薬効があります。

カンカに含まれるポリフェノールの一種、アクテオシドには抗酸化作用があり老化防止などの効果が期待できます。

カンカノシドという成分は同様の抗酸化作用を持つ上に血管を拡張する作用があることが知られ、血行促進や高血圧防止に効果があると考えられます。

高血圧のラットを使用した実験では実際に血圧が低下が見られたとのことです。

 

もう1つ重要なカンカの成分エキナコシドはエキナセアという薬草の主成分と同じもので、免疫力を高める効果があるようです。

カンカはまた高脂血症や糖尿病など他の生活習慣病の予防にも有効であると言われています。

生薬であると同時に食品ともみなされる天然の植物であり、副作用の心配がないと考えられることもカンカのいいところです。

幅広い効能を持つ注目の漢方薬カンカ。

日本でもカンカの成分を含む商品が手に入りますので、興味のある人は利用してみる価値があるでしょう。

Copyright カンカ(ニクジュヨウ)について効果・効能や副作用などをまとめました 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget